Group Link

  • 乙女のためのビーズログ公式サイト B'sLOG.com
    B'sLOG.com バナー(180*45px)

PR

  • TOP>
  • What's new

What's new

『夢100』ドラマCD第4弾より、興津和幸さん・山谷祥生さん・藤原啓治さんなどのインタビューが到着!

この記事についてツイッターでつぶやく2016/01/20 17:00

ゲームリリース以来好評を維持し続け、11月には総DL数が200万を突破、
TVCMでさらに規模拡大中の大人気女性向けパズルRPG 「夢100」 こと
「夢王国と眠れる100人の王子様」 から、ドラマCD第4弾が発売決定! 

今回はバレンタインに合わせて“甘くて”“大人な”国の王子様達が大集結!!
大事な話があると言って、リカとマルタンを呼び出したクレト。
ふたりにチョコ作りのアドバイスをもらおうとしますが……。
ボーナストラック『大人のバレンタイン』では、
マルタン、アルフレッド、ジェイの大人な3人組のバーでのひと幕をお届け。
ドラマCD恒例のメディとルークの楽しいトークもお楽しみに♪


B's-LOG3月号(1/20発売)では、
リカ役・興津和幸さん、クレト役・山谷祥生さん、マルタン役・藤原啓治さん、
アルフレッド役・横田紘一さん、ジェイ役・槿原大さん、
メディ役・益山武明さん、ルーク役・長南翔太さんのインタビューをお届け♪
ここでは、インタビュー内容を特別公開しちゃいます!


shinigamihime_03


20160120_yume100_1

リカ役 興津和幸さん
クレト役 山谷祥生さん
マルタン役 藤原啓治さん


■収録後インタビュー

――ドラマCD収録のご感想をお願いします。

興津さん:ひさしぶりにリカを演じることができて、うれしかったです。
チョコレートの国の王子が活躍するのは、やっぱりバレンタインだなって思いました。
酔っ払いも演じられて楽しかったです(笑)。

山谷さん:クレトくんをこんなに長く演じたのは初めてでした。
ゲームでは、思春期ならではのツンデレっぽさが際立っていていましたが、
今回のドラマCDではクレトくんのまた違った一面が描かれていたので、演じていてとても楽しかったです。
キャラクターをどう演じるのか改めて考えないといけないなと思った部分もあって、
おかげで僕自身も有意義な収録になりました。

藤原さん:寒い冬なのに心が温まるような、まるで春のような収録でしたね。
マルタンは演じていて楽しいキャラクターでした。
こういうキャラクターは、聴いている方も楽しんで聴いてくださっていると思いますけど、
やっている自分も案外楽しかったりします。


――ドラマCDで初めて作品に触れる方もいるかと思います。
改めて演じられたキャラクターについてのご紹介と、キャラクターの魅力についてお伺いできますでしょうか。

興津さん:リカはチョコレートの国でも“ビターチョコ”寄りということで、
ちょっと大人でクールな苦み走ったところがありつつ、チョコレートらしいスイートな部分もある王子様です。
ミステリアスなんだけど、ふたりでいるときは甘く囁く……みたいな
ギャップ萌要素を持った魅力的なキャラクターだと思います。
あと、今回のドラマCDでは、お酒がどうやら好きらしい、そして弱いらしい、
さらに天然らしいというところが新たな発見でした。
マルタンは大人だけあってジョークを言ったりするのですが、
リカはジョークがわからず素直に受け取ってしまうんです(笑)。
恰好つけているんだけど、まだまだ子どもな部分が残っているんだなと思いました。

山谷さん:クレトくんは背伸びをしがちな年齢だと思いますが、
ただ表面的にかっこつけているわけではなく、より自分を高めようと努力している子なんです。
しかも、誰かにやらされているわけでもなく、
自分の将来を考えたうえで前向きに楽しめているので全然無理がないんですよね。
そういった部分はすごく魅力的だと思います。

藤原さん:マルタンはお酒が好きだったり、渋かったり、チャラけたところもあったり、
気障であったり、可愛げがあったり……、
「あんな大人になりてぇな」ってタイプの大人ではないだろうかと思います。
“粋”っていうんですかね、そんなところがすごく素敵でした。


shinigamihime_03


20160120_yume100_2

アルフレッド役 横田紘一さん
ジェイ役 槿原 大さん


――ドラマCD収録のご感想をお願いします。

横田さん:最近、ファンの方から「『夢100』から知りました」とか
「CDには出ないんですか?」とコメントを頂いていたので、
今回の収録は僕の中でもちょうどタイムリーで、とても楽しく臨ませて頂きました。

槿原さん:ジェイさんは僕がこれまで演じた中ではかなり年齢高めの役なので、
いつもオジサマ感を出そうと必死です(笑)。
ゲーム収録でも必死にやった結果、ファンの方に「ジェイさん、すごくよかったです」と
言って頂けたのでよかったなと思います。

――ドラマCDで初めて作品に触れる方もいるかと思います。
改めて演じられたキャラクターについてのご紹介と、キャラクターの魅力についてお伺いできますでしょうか。

横田さん:今回は仲がいい“男どうし”でのアルフレッドなので、若干距離感がある感じでしたが、
実際のゲームでは“レディ”に対してかなり距離が近いです(笑)! 
もう30センチとか耳元とか、いちいち台詞ごとに「近い、近い!」っていう距離感のキャラクターなので、
このCDでキャラクターを知ってゲームをプレイされる方は、
ぜひその距離感を楽しんで頂けるといいかなと思います。

槿原さん:ジェイは生い立ちが重たいキャラなのですが、
ゲームではそれを感じさせずに飄々としているというか、フランクなオジサマで、物腰が柔らかい感じですね。
生い立ちの関係でアルを一度恨んでいるものの、今は彼に感謝しているので、
ジェイからはアルに対して距離を感じさせないような演じかたを意識しています。


shinigamihime_03


20160120_yume100_3

メディ役 益山武明さん
ルーク役 長南翔太さん


――ドラマCD収録のご感想をお願いします。

益山さん:いつも懐の広いスタッフさんなので、ドラマCDでは毎回いろいろなことをやっていますが、
いつにも増して振り切れたお芝居をさせて頂きました。
ルーク役の長南さんには「キャラがブレてきてる」と指摘されましたが(笑)。
ドラマCDを第1弾からずっと聴いて頂いている方はご存知のとおり、メディも成長しているんです!
なので、ドラマCDのメディはこういうものだと思って彼の成長を感じて頂けるとうれしいです。
ただ、今回の物語を演じてみて、メディだけじゃなく今後はルークの変化にも期待できる気がしました。

長南さん:いつもメディが自由に吹っ切れたお芝居をしているので、
ルークもそろそろはじけたいなと思っていたところ、ついに今回ルークがオチを担当できました!
何をやってもOKを頂けてしまって、逆に僕がドキドキしています(笑)。
最近ルークを演じるのはもっぱらドラマCDでのメディとの漫才なので、
本来のルークらしい落ち着いた演技がしたい気持ちと、
メディといっしょにはじけたい気持ちが僕の中でせめぎ合っています(笑)。

shinigamihime_03

インタビューの続きはビーズログ3月号(1/20発売)でチェック♪
さらに、発売を記念してビーズログ公式ツイッターにて
キャストの皆さんのサイン色紙プレゼントのキャンペーンも実施中!

20160120_yume100_4


shinigamihime_03

【リリース情報】

夢王国と眠れる100人の王子様
~王子様達のスウィートでビターなチョコレート作り~

出演
リカ:興津和幸
クレト:山谷祥生
マルタン:藤原啓治

[ボーナストラック]
ジェイ:槿原大
アルフレッド:横田紘一

メディ:益山武明
ルーク:長南翔太

形式:ドラマCD1枚組
構成内容:オリジナルドラマ

発売予定日:2016年2月14日発売予定 ※通常盤・アニメイト限定盤を同日発売

【通常盤】
価格/定価 本体¥2500+税
品番/MESC-182
POSコード/4996779026227
特典/ブロマイド
販売ルート/全国アニメイト・CDショップ・一部書店、
マリン・エンタテインメント通信販売
発売・販売元:マリン・エンタテインメント

ご予約・ご購入はコチラ⇒ http://www.animate-onlineshop.jp/pd/1375385/

【アニメイト限定盤】
価格/本体価格¥2800+税
品番/ANI-1355
POSコード/4996779026234
特典/CD【キャストトーク(興津和幸・山谷祥生・藤原啓治)収録】
ブロマイド
販売元/アニメイト
発売元/マリン・エンタテインメント


ご予約・ご購入はコチラ⇒ http://www.animate-onlineshop.jp/pd/1375386/


(C)GCREST, Inc. All rights reserved.

 



ページトップへ戻る