2019年の注目作がブースに登場

2019年3月23日・24日に開催されるイベントAnime Japan2019に、DMM GAMESが出展することが発表されました。

初のAnime Japanへの出展。2019年の注目タイトルのブースが登場するほか、グッズ販売も実施されます。

ogp_20190111

DMM GAMESブースでは、今年リリース予定の、種村有菜先生がキャラクター原案を務める『Alice Closet』、吹奏楽部に向きあう男子高校生たちの青春を描く『ウインドボーイズ!』の2タイトルがメインに。

来場者をゲームの世界へ誘う、特別な仕掛けが楽しめるブースが予定されています。

また、上記2タイトルを含むその他人気タイトルの特別なステージイベントやグッズも多数登場。

詳細な情報については後日発表とのことなので、続報をお楽しみに!

『Alice Closet』

花人形(アリス)と呼ばれる不思議な人形の着せ替えが楽しめるスマートフォン用アプリ&PCブラウザゲームです。

キャラクター原案は『神風怪盗ジャンヌ』『満月をさがして』など数々の大人気マンガを生み出した種村有菜氏が担当。

種村有菜先生の描く美しい花人形(アリス)と絵本のように不思議な世界“ワンダーランド”の住人たちの物語が楽しめます。

Alice

作品概要

【タイトル】Alice Closet(アリスクローゼット)
【プラットフォーム】DMM GAMES/App Store/Google Play

▼こちらの情報もチェック!

『ウインドボーイズ!』

桜が左右から枝をのばし、つぼみがほころび始めた春の日。主人公は、新任教師として地元である金沢に戻ってきた。

主人公の赴任先である“石川県立威吹高等学校(いしかわけんりついぶきこうとうがっこう)”は創立126年目となる歴史ある公立高校で文武両道を掲げる県内トップクラスの進学校。

威吹高校(いぶきこうこう)の吹奏楽部は、全国大会常連の強豪校だったがそれもいまでは遠い昔のことで、実質廃部状態となっていた。

そんな中、嵐を呼ぶ新1年生たちが入学してきて主人公は吹奏楽部復活の大騒動に巻き込まれていく――。

ウインドボーイズ

作品概要

【タイトル】『ウインドボーイズ!』
【プラットフォーム】DMM GAMES/App Store/Google Play

▼こちらもチェック!

(C)DMM GAMES