会場と京都市内に12体の等身大パネルが登場

one’sgloryより、京都にある“通り”の擬人化コンテンツ『~はんなり京都~お通り男史』が2019 年9月21日・22日に開催される、『京都国際マンガ・アニメフェア』(京まふ)へ初出展することが発表されました。

会場では初のグッズ販売が実施されるほか、寺町を演じる北島壮俊さん握手会や撮影会も実施されます。

main

『~はんなり京都~お通り男史』は京都の通りを舞台としたイケメン擬人化プロジェクト。

河原町通りや三条通りなど東西南北 に巡る通り全21条がキャラクターとして擬人化されています。

『京都国際マンガ・アニメフェア』会場の『お通り男史』のブースは、みやこめっせ1階の入り口すぐ。

キャラクター等身大パネルが皆様をお出迎えしてくれるほか、ブース内ではキャラクターとの撮影ができ、初のグッズ販売も実施されます。

『はんなり京都〜お通り男史〜』

人が歩いて道はでき、人の知らぬ間に道にはが宿る……。

いつからか道には、道を守る=道中安全、村や町に邪気や悪霊が入るのを防ぐ神様が存在すると言われてきました。

この京都にも人々に愛され、なじみの深い道の存在があり、その数は100条以上

京都では、道のことを通(とおり)といい、この度、通の神様・通神たち21条が姿を現します。それがお通り男史なのです。

お通り男史キャラクター紹介

sub1

寺町(てらまち)(左)「俺は寺町。はんなり京都~お通り男史の広報担当だよ」

烏丸(からすま)(中央)「烏丸と申します。時代と共に発展してきた京都の通りの案内人です」

室町(むろまち)(右)「私(わたくし)が室町でございます。和服のお洒落は御任せ下さいね」

『京都国際マンガ・アニメフェア』出展概要

開催期間の2日間は会場内にてグッズ販売などを予定。

会場と京都市内の計12カ所にて、等身大キャラクターパネルが設置されます。

5体撮影し、Twitterでの拡散&お通り男史Twitterのフォローで、特製ドデカ缶バッチがプレゼントされるキャンペーンも開催されます。

また、2日目の『お通り男史』ブースではお昼過ぎから寺町のCVを務めるほか、お通り男史広報大使でもある北島壮俊さんの握手会&撮影会も実施されます。

京まふゲスト
寺町役:北島壮俊さん

イベント概要

【イベント名】京都国際マンガ・アニメフェア 2019
【開催日】2019年9月21日(⼟)〜22⽇(⽇)
【会場&時間】
みやこめっせ(メイン会場) 9:00~17:00 (22日は 16:00 まで)
京都国際マンガミュージアム(第2会場)10:00~20:00(通常より延長)
東映太秦映画村(特別会場)9:00~17:00

⇒チケット情報はこちらから!

(C)one’s glory/otori-danshi